成都写真記(3)ハイテク産業と天府の国

四川料理の代表格、火鍋
f:id:masaomik:20180605124937j:image

午後3時から火鍋を突く地元民、夕方にはほぼ満席、夜は長蛇の列
f:id:masaomik:20180605125005j:image

主要沿線揃う中心地「太古里」駅地下外にあるスイーツにも長蛇の列
f:id:masaomik:20180605152943j:image

市街地から地下鉄で約15分、ハイテク産業集積する新都心「高新区」
f:id:masaomik:20180605125100j:image

外資系企業の誘致にも積極的、今や成都GDPの約3割が同区、ニューエコノミーを牽引
f:id:masaomik:20180605125156j:image

アリババも昨年、西南センターを成都に移転、将来的には従業員5,000名近くが勤務
f:id:masaomik:20180605125251j:image

天府の国、四川盆地に位置する成都は豊富な水嶺で独自の文化が発達
f:id:masaomik:20180605125316j:image

「宵越しの金を持たない」気風が醸成、長江水系岷江支流「錦江」沿いがナイトスポット
f:id:masaomik:20180605125359j:image

多くのバーから夜景を堪能でき、「天府の国」の礎は紀元前3世紀から存在する水利施設による治水
f:id:masaomik:20180605125440j:image

 週末夜には「辣妹子」、四川スパイス・ガールでごった返し、錦江沿いが賑やかに

f:id:masaomik:20180605155544j:image

市街地に向かう川沿いにも多くの高層ビルが立ち並び、西部大開発は進む

f:id:masaomik:20180605125733j:image

今回は四川省の南に隣接する雲南省昆明市を経由し、ネパールへ。昆明成都と並び「一帯一路」の要衝
f:id:masaomik:20180605125812j:image

昆明長水国際空港は2012年に開港。中国の空港のターミナルビルでは、北京首都国際空港 第3ターミナルに次いで、2番目の規模
f:id:masaomik:20180605130032j:image

首都カトマンズにある「トリブバン国際空港」に降り立つと真っ先に目に入るのは、チベット鉄道沿いにあるショッピングモールの広告
f:id:masaomik:20180605130057j:image

まずはネパールの代表的な家庭料理「ダルバート」で腹ごしらえ
f:id:masaomik:20180605130326j:image

マナーのお代わりをしたうえで完食!
f:id:masaomik:20180605130352j:image